府中ナビトップ > 名所・史跡 > お茶屋街道

お茶屋街道

今の『ふるさと通り』と呼ばれる場所です。
サントリー武蔵野ビール工場と大東京綜合卸売センターの間にあります。

お茶屋街道

上の写真は、北側を見たものです。

御茶屋街道 地図

お茶屋街道

お茶屋街道

上の写真は、南側を見たものです。

お茶屋街道

御茶屋街道(おちゃやかいどう)の名は、この道が府中御殿(本町)の茶の湯の水を多摩川より運ぶ道だったことに由来します。府中御殿は正保3年(1646)の大火で焼失しています。      (石碑より)

北へ向かって歩いていると、歩行者用のトンネルがあります。
道路と線路(南武線)の下をくぐります。

坂が急なこともあって、自転車事故多発地点です。
スピードをつけて下らないと、次の上りがきつくなるので、勢いよく下る人が多いのです。

歩行者は気をつけて!

博物館

  • 郷土の森博物館

府中市立交通遊園

街角の博物館