府中ナビトップ > 街のオブジェ・像 > 新田義貞公之像

新田義貞公之像

分倍河原駅前のロータリーにある『新田義貞公之像』です。

「分倍河原の合戦」で勝利をおさめた新田軍は一気に鎌倉幕府を攻め落し、ついに140年余り続いた鎌倉幕府を滅亡させたそうです。

新田義貞公之像

上の画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

 この像は、分倍河原合戦を題材に 武士の情熱と夢をモチーフとして製作したものである
「分倍河原合戦」は元弘3年(1333)5月15日・16日の両日に新田義貞と北条泰家の軍勢が鎌倉幕府の興亡をかけ分倍河原で大花を散らした天下分け目の合戦である
〜中略〜
この「新田義貞公之像」が永くふるさと府中の歴史を伝え 市民の心に生きつづけることを願うものである

博物館

  • 郷土の森博物館

府中市立交通遊園

街角の博物館